小さいバル ガティータ
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ファドのライヴを開催します! | main | オマール・ソーサ来日 >>
立石探訪
先週の定休日は、昭和な街並みが近ごろ人気な葛飾区の立石を知人の案内で探訪してきました。大衆酒場が軒を並べ、呑んべ横町の看板にも誘われる、日本式バル街?ですね(現実問題的には、この「横町」の小さな店の多くは閉店状態にあるようですが)。



17時に集合し、まずは鳥屋の「鳥房」へ。有名人気店だけあって、平日早めの時間帯にもかかわらず、すでに店内は満杯。表の「テイクアウト」コーナーから脇の小道に入った路上で、しばし待つことにします。



ぎゅう詰めで20数人座れる小上がりに通されると、足を崩すのも憚られそうな密集状態。とりあえず、お通しと鳥南蛮をつまみにビール、名物である鳥の素揚げを待ちます。キャベツの千切りの上に乗ってきた鳥半身の素揚げは、「小」をオーダーしたにもかかわらず、かなりのボリューム。けれども、パリッと揚がっていて、もう一皿くらいいけそうでした。



もう一人合流して5人となり、2軒目へ。4時半の段階でもう並んでいた人気店「うちだ」は、この時点でもなお行列ができています。ということで、たまたま空きのあった仲店通りの若い店主によるおでん屋「二毛作」に入店。屋台風のつくりながら、酒は350円の缶ビールから、マルチニークのラムやデメララ・ラムといった、こだわりのハードリカーまで揃っています。隣はおでん種屋さんで、知人によると、缶ビール片手に路上でおだんダネをつまみに一杯という客が多々いたのを収容すべく、新たに飲み屋を開業したとのこと。さすがに、おでんがうまい! 盛り合わせや単品でトマトのおでん、白子のグラタンなどを味わっていると、あっという間に店内満員となっておりました。



さらにもう一人合流し、3軒目を物色。「うちだ」とは駅をはさんで反対側の人気店「江戸ッ子」の前など徘徊するものの、「大人数」では入れず、すいてる大衆酒場の暖簾をくぐります。といっても、くじらの揚げたのやら、「庶民の味」として、どれも安くておいしい。立石の「レベル」を実感させられました。



3軒まわって、一人頭5500円弱。この辺りは、地方からの集団就職を町工場が受け入れてきたのだといいます。飲食店もきっと、そうした人たちの需要にも応える形で成り立ってきたのでしょう。「昔ながら」を維持している美しさと、産業構造や都市機能の変化を耐える危うさの上で成り立っているような立石のディープな飲み屋街。近ごろ増えているだろう、一見でしかない「観光客」として、それを少しだけ味わうことのできた東京ショートトリップでした。
| - | 03:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.gatita.jp/trackback/620484
トラックバック